【資産価値上昇?】「有明」は東京の最重要拠点!意外と知らない開発計画

有明

はじめまして。

ありあけうさぎ

ありあけうさぎと申します。

有明に住み、仕事に育児に奮闘するうさぎです

有明テニスの森でテニス観戦が趣味です

有明ガーデンで盛り上がる「有明」

突然ですが、住まい購入を検討中の方、「有明」ってどんなイメージですか?

「人がいない」 「コミケで賑わってるよね」
「東京オリンピックって豊洲でやるんじゃないの?」
「そもそも何があるか知らない、興味ない」
「液状化する」「津波にのまれそう」
(有明はハザードマップで水害のリスクが低いと示されています)
。。。有明ってすごい!絶対住みたい!!ってあんまり聞かないよね…。
だけど有明って良いところなんです。
最近新型コロナによる自粛の中、なんとか一部オープンした

有明ガーデン」!

スーパー、ショッピングモール、公園、ホテル、温泉、劇場、ライブ会場が一体となっており、全体オープンすれば有明の中心地となるでしょう!!
ただし現在は、新型コロナの影響で、
江東区 有明こども家庭支援センター みずべ」(子育て相談と一時預かり保育のみ)
の一部店舗のみオープン中です。
またショッピングモールは617日オープンの情報
➡︎8月に全体オープンしました!!
(有明ガーデンについては、とよすとさんの記事参照

有明は東京都の最重要拠点の1つ

有明は2021年には東京オリンピック開催の中心地としてスポーツ施設の開発目覚ましい所です

「でもオリンピックが終わったらまた静かで寂しい所になるんじゃないの?」

そうではないのです
その根拠はこちら
東京都「都市計画区域マスタープランの概要」より
【重要】有明は丸の内、有楽町、銀座、六本木、品川などと並んで「中核的な拠点」と位置付けられています!

 

中核的な拠点とは:鉄道ネットワークの高い結節性を持ち、広域的な観点から、高度な都市機能の集積を図る拠点を「中核的な拠点」として位置付け、東京の魅力を高める都市機能の集積 を促進していく 】

(参照:東京都市計画 都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(原案)

://www.toshiseibi.metro.tokyo.lg.jp/seisaku/master_plan/data/pdf/houshin_toshikeikaku.pdf

つまり…

ありあけうさぎ

有明に複数路線の鉄道をもってきて、人が集まるおもしろい施設たくさん作っていくよー!

ってことです。

そう、東京の湾岸エリアでは、有明より都心寄りの勝どきや豊洲が注目されがちですが

東京都が公式に、開発計画として有明を最重要地域の1つとして認定しているのです!!

そう、オリンピックが終わっても、有明は発展し続ける可能性が高いのです。

それはいつか?というと、この都市計画によると10〜20年かけての開発だそうです。

 

具体的な開発内容は、例えば、東京駅付近と有明周辺までを結ぶ「都心部・臨海地域地下鉄構想」(図の青い丸)。これは早く実現してほしい。

また、この開発案には東京都内各エリアの将来像なんかも書かれていて読んでいて面白かったです。

下の画像がそうですが、見えないので一部抜粋すると

有明・青海・台場

「職・住・学・遊のバランスの取れた総合的なまちづくりが実現され

・・(中略)・・東京圏に求められる先導的な機能が高度に集積し、

観光客やビジネスパーソン、研究者、留学生などでにぎわう中核的な拠点を形成」

ね?ここまででなんだか有明に期待が持ててきませんか??

これらの情報は湾岸エリアのマンション購入を検討している方などには朗報ではないでしょうか?

つまり、(あくまで予想ですが)

有明の資産価値は、少なくとも下がり続けるってことはなさそうですし

上手くいけば上がりそうな雰囲気ありますよね??

ということで、ここまで、私も住む有明の魅力を伝えるべく、東京都の都市開発計画をご紹介しました

ありあけうさぎ

有明や湾岸エリアに興味が出た!と思った方はこちらを↓

有明や湾岸エリアのマンションに興味がある方にオススメの書籍

有明を含むマンション購入を検討している方は、まず損しないために

この書籍が参考になります

「絶対に満足するマンション購入術」のらえもん著

得する新築・中古マンションの見分け方を、購入者とその家族の幸せ、満足度を重視して豊富なデータと共に提案されています自らも湾岸マンションに住み、湾岸不動産総合ブログ「マンション購入を真剣に考えるブログ」を運営、マンション購入売却の相談数延べ700人を超える実績から書かれた渾身の一冊です(本書カバー文より一部抜粋)

また、こちら、三井健太著「マンション大全」もマンション購入についての知識が網羅されていると評判のようです

 

以上、ありあけうさぎでした

ここまで読んでいただきありがとうございます

ありあけうさぎへのお問い合わせはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました